専門学校の資料一括請求ならスクールナビ 全国版(スクナビ)

専門学校資料請求のスクナビ

全国の専門学校92504学科から検索!

日本写真映像専門学校
写真学科

日本写真映像専門学校

「美意識」「技術」「創造力」「好奇心」を養う。
写真コミュニケーション学科1年次では、入学前はほとんど写真やカメラに接していない、まったくのイチからスタートで勉強を始める人が多く、まずは自分のカメラ(機材)を選ぶところから始まります。1年次初期の特徴としてフィルムを使った実習を積極的に行っています。現在、写真業界ではデジタルフォトが主流ですが、本校ではまずフィルム撮影ワークから始まります。カメラの持ち方、フィルムの装填方法など、基礎をしっかりと築き上げた上で専門分野に特化していきます。毎年4月の末から5月上旬に「ファーストショット」と称して、校外へ撮影実習に出掛け、初めて本格的な撮影体験をします。そこで撮影したフィルムを後日また実習で薬品を使った現像処理を行い、出来上がったネガをプリントします。この過程を通じて気づく大切なこと「写真の楽しさ」「魅力」「奥深さ」を学生は実感し、その延長線上にある実社会(写真業界)で必須とされているデジタルワークを本格的に学び、社会で通じる確かな技術力を身に付けます。それと平行して、スタジオ実習でライティング技術を学び、平面色彩構成で配色や構図を学び、その授業の融合の結果として個人の作品制作を行い、1年次終期に本格的な作品を作り上げます。そして2年進級次に「写真表現コース」か「営業写真コース」を選択し、それぞれの分野に進み、より特化した授業を受けることになるのです。

写真表現コースでは撮影の基本技術や表現力のある写真を造りあげるために、感性や創造力を伸ばすためのテクニックの講義や作品制作・合評などを行い、スタジオワーク・表現力・感性・コミュニケーションを高め、様々なことに挑戦しながら幅広い分野で活躍するためのフォトグラファーを育成します。

写真学科 写真表現コース の詳細情報

定員写真学科 定員60名 修業年限2年(昼)
入学金190,000円
カリキュラム■1年次
楓ゼミ(大阪電気通信大学教授による講義および撮影実習)※隔週、デッサン、フォトコミュニケーション、写真の科学、現代写真論、平面色彩構成/デジタルワーク、写真基礎(撮影実習)/暗室ワーク、英会話 写真史 暗室ワーク/写真基礎(撮影実習)、写真技術講座、デジタルワーク/写真制作、自主研究日

■2年次前期
コマーシャルフォト、視覚表現論、暗室ワーク、ドキュメンタリー考察、英会話/メディア教養、写真表現現代考察、グラフィックデザイン、フォトアート、総合デザイン講座、Web制作、ビジュアルジャーナリズム、デジタルマネジメント、自主研究日

■2年次後期
コマーシャルフォト、写真マネジメント、暗室ワーク、専門教養、英会話/写真社会学、写真表現現代考察、写真表現近未来学、総合デザイン講座、Web制作、写真の遍歴、卒業作品制作、自主研究日
将来の職業コマーシャルフォトグラファー
ファッションフォトグラファー
ギャラリーディレクター
建築カメラマン
新聞社カメラマン
出版社カメラマン
風景フォトグラファー
アートフォトグラファー

学校情報

日本写真映像専門学校

〒546-0023 
大阪府大阪市東住吉区矢田1-5-9
TEL:06-4700-3820
FAX:06-6607-8830
URL:http://www.shasen.ac.jp/

この学科・コースが気になる人は、こんなコースも要チェック